長期で効果が出る、低炭水化物ダイエットは続けられる!

ご飯やパン、麺類など炭水化物の摂取を抑える低炭水化物ダイエットは効果が高いと言われています。

しかも一度習慣にすると長期間続けられるので、自然に体重が減っていたり、生活習慣が改善されたりと、体にいいことが多いダイエット法です。

しかし、極度に炭水化物を減らしてしまうと、通常の活動に必要なエネルギー自体が欠乏してしまい、日常生活に悪影響が出ることも。

食事制限を意識するあまり、摂食障害になってしまうこともあり、進め方やルールは決められた通りにするのがポイントです。

低炭水化物ダイエットを長続きさせるには、炭水化物を一定量取ることです。

毎日三食を基本に、一食にとって良い炭水化物の量は固めのごはんを少なめに一膳です。

食パンも六枚切りを一枚程度で。

また、麺類はカロリーオーバーになりやすいので避けた方が良いでしょう。

また、炭水化物を取る時には、蛋白質と一緒に取るようにします。

併せて運動をしなくても代謝がよくなり自然に体重が落ちていくのが楽しみに。

炭水化物を減らすだけでよく、面倒なカロリー計算も不要なのがうれしいですね。

忙しくて三食きちんと取れないという人は、ヨーグルトなどの乳製品を食べましょう。

低脂肪牛乳一杯でもいいので、タイミングを逃さないことが大切です。

時間に関しては、夜の20時以降は食事をしないということも効果を高めるポイント。

長期的に行うのは無理かなと思っていても、主食の量と食事の時間を気にしているだけでダイエットが成功するので苦もなく続けられる方法として注目されています。

こちら(http://www.cambridgecitycentrehotels.com/)のダイエット法も注目です。